フィギュアスケート研究所
    〜別館:トロリンのブログ〜


趣味のフィギュアスケート観戦から「フィギュアスケート研究所」というサイトを公開しました。
フィギュアスケートのいろいろを研究しています。
このブログは、サイト運営にのせるにはちょっと・・・という個人的な感想やお話しを投稿していきます。
今年のブーム
0
    あーサイトもブログも更新できない感動
    いかにコンスタントに更新することが大変で重要かを再認識しているこの頃ですファイト

    そこで、どーでもいい軽ーい話でブログ更新。

    今年のブームは、ずばり「レ・ミゼラブル」!!
    間違いない…どの種目でも使用されています。エキシビションでもです。
    毎年はやりの曲はありますよね。
    今年はレミゼブーム(笑)

    オリンピックシーズンの今年は、どの選手・組も勝負曲で挑んできますね。
    有名で、今までたくさん使用されてきた曲をここぞとばかりに使いますね。
    選手によってはラストシーズンだから、今まで温めてきたプログラムを悔いがないようにって感じかな。

    シェヘラザード、ロミオとジュリエット、オペラ座の怪人、カルメン、火の鳥、白鳥の湖などなど…。

    どれも幾度となく使用されている音楽です。
    でも、滑る人が違えばプログラムは違うんですがね。
    そこを見せるのが、腕も見せどころって事なんですかねきらきら

    さあ、いよいよGPファイナル。
    楽しみなりヤッタv
    | トロリン | 2013年 グランプリシリーズ | 00:15 | comments(0) | - | - |
    GPアメリカ大会 女子シングルFS・最終結果
    0
      今日からGPシリーズ2013の2戦目ですね。なのに、台風が来ている…そのうちスケートと台風は同じ時期になるんですかね汗

      今日は第1戦、アメリカ大会の女子FSを中心にお話をしようかと。

      まずはソチオリンピックの地元にあたるロシア勢から。
      オリンピックに年齢制限で出場資格のないエレーナ・ラジオノワ選手が、総合の3位に入りました。
      フリーでは「116.94点」の4位。冒頭の3Lzに転倒してしましましたが、後半の3Lzから3-3コンビネーションにしちゃうあたりは凄すぎる(笑)本当に怖いものなしですね。彼女はこれからの選手ですね。

      そんな彼女を交わして、フリーだけなら3位の「123.55点」を出したのが、エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ選手です。
      彼女はSPの出遅れが、毎度足を引っ張りますね。でもやっぱり、少し重たい感じがするんですよね。

      SPでパーソナルベストを出したヴィクトリア・ヘルゲソン選手は、FSは「93.54点」で8位。
      ジャンプが決まればなんですよね…。エッジワークは綺麗だし、スピンもレベルとれるんですよね。
      関係ないのですが、今シーズンの彼女の衣装は袖が長いですね。彼女は袖がないものを着ているイメージがあって…個人的には意外でした(笑)

      同じくSPでパーソナルベストだったヴァレンティーナ・マルケイ選手は、FSは「97.54点」で7位。
      こちらも、ジャンプが…ですね。プログラム全体は、大人っぽくて彼女のイメージによくあっている気がしました。SPとは真逆の雰囲気で、本当にあとはジャンプが決まればって感じですね。最後には彼女の素晴らしいプログラムを見たいですね。

      元気がないのはエレーネ・ゲデヴァニシヴィリ選手です。FSは「92.76点」で9位でした。
      こちらもジャンプを…っていうのと、スピンの取りこぼしが痛い…。全体的に元気がない感じ。彼女の良い所って、やはり元気の良いところだと思うので、思い切りの良い演技を見たいですねよ。彼女は3回目のオリンピックです。3回目になる女子選手はほとんどいないので、ぜひ頑張ってもらいたいです。個人的には大好きな選手ですファイト

      FSでパーソナルベストを更新した選手は、「111.51点」で6位のマエ=ベレニス・メイテ選手です。
      彼女は本当に踊りが上手になりました。長い手足を生かしたリズミカルでダイナミックなプログラムは彼女にあっています。フランスは女子は1枠ですが、団体戦もあります。Lzやトールプの高さは、やはり素晴らしいヤッタvステップアウトが無くなると、なお素晴らしい!!!

      さあ、そして地元アメリカ勢。最下位はキャロライン・ジャン選手
      彼女がシニアデビューした際には、今のエレーナ・ラジオノワ選手並みの話題でしたよね。パールスピンは彼女の十八番でした。そんな彼女が、ついにビールマンスピンをしなくなった事には、少しさみしく感じます。やはり、女子選手の体の成長は難しい問題なのですね。

      シニアデビューだったサマンサ・シザーリオ選手は、フリーではパーソナルベストの「114.47点」5位。シニアデビューといっても20歳という事で、雰囲気は大人の色気ですね。ジャンプの高さがぎりぎりなのが、ちょっと問題ですが、ムードは独特なものがあります。ただ、アメリカですからね〜ライバルは星の数ほどなわけです苦笑

      そしてアメリカのエース、アシュリー・ワグナー選手がフリー「124.55点」2位。
      3-3は、かなりの確立まで仕上げてきていますね。仕上がりはやめモードです手
      SPもそうだったのですが、スピンの取りこぼしがもったいない…。回転がちょっと足りなかったりとかなんでしょうかね。もうちょっと、時間的余裕をとってもいい気がしました。やはりこのレベルの戦いにおいては、スピン3つのレベルは大事ですよね。
      ちなみに彼女の衣装は青くありません(笑)

      そして優勝は、浅田真央選祝フリー「131.37点」と高得点。
      3A転倒や、後半の2Aからのコンビネーションが2回転になるなどのジャンプミスがちらほらながら、この点数は凄い!!!スピンとステップは問題なく、何より構成点が高い。SPもそうでしたが、構成点の点数が高くなったのは、良いことです。プログラム全体は、とても良い方向に行っている証拠ですね。
      ちなみに彼女は青い衣装ですにやり

      さあ、最後に昨年の同大会との比較表です。
      順位 2012年大会のFS得点 2013年大会のFS得点
      1位 127.76 131.37
      2位 117.62 124.55
      3位 110.03 123.55
      4位 107.82 116.94
      5位 106.77 114.47
      6位 104.78 111.51
      7位 101.54 97.54
      8位 94.56 93.54
      9位 92.37 92.76
      10位 85.98 64.36

      上位と下位の差が少し出ましたね。上位陣は仕上がりはやめに…って感じなんですかね。

      どちらにせよ、オリンピックまであと4か月切りましたねオリンピック
      | トロリン | 2013年 グランプリシリーズ | 22:27 | comments(0) | - | - |
      GPアメリカ大会 男子シングルFS・最終結果
      0
        またまた台風が迫っています。みなさん大丈夫ですか? 私は本日1日、家でテレビ鑑賞ですテレビ

        男子FSをすべて見ました。SP同様に、4回転は重要ですね。

        4回転に3回チャレンジをしたマックス・アーロン選手は総合の3位。
        SP6位からの巻き返しです。FSだけなら「162.45点」の2位。
        冒頭の4Tは転倒。次の4Sはお手付き。でも、後半4S+2T,さらに3A2回。コンビネーションも全部後半に入れて、スピードも落ちない。彼の体力は底が知れない(笑)
        よく考えてみると、彼はGPデビューなんですよね。昨年、彗星のごとく登場。あれはまぐれではなかったわけです。
        これで構成点が伸びてくれば恐ろしい存在になりますねガーン

        そんな彼とオリンピックの枠争いをするであろうアダム・リッポン選手が総合2位。
        FSだけなら「160.98点」の3位。彼は全てでパーソナルベストを更新しました。スタートダッシュに成功ですかね(笑)
        フリーでは冒頭の4Lzは壁に激突の大転倒。でも、何事もなかったかのように演技再開。後半のリッポンルッツの連続からのステップは素敵でした。彼は姿勢が良いし、滑りがきれい。ジャンプが決まれば点数は伸びるタイプ。

        マックス・アーロン選手アダム・リッポン選手は、まったくタイプが違う。彼ら以外にも様々なアメリカ選手が2枠のオリンピックの枠を争うわけです。

        そんな先輩方に割って入りたいのが総合5位のジェイソン・ブラウン選手です。
        彼は今大会がシニアデビューの18歳。SPはパーソナルベストで2位。フリーは「147.25点」の6位。
        体が柔らかくて、スピンやスパイラルがとても上手。そんな彼は、構成点マックス・アーロン選手より上でした。凄い!それもスケート技術の項目が1番低いという、めずらしいパターン。ここに4回転が入れば強敵です。まだ18歳だからこれから跳べるようになる可能性は十分にあります。

        アメリカ勢3選手はそれぞれのカラーを存分に発揮した結果になりましたヤッタv

        心配なのは、ロシアのアルトゥール・ガチンスキー選手です。
        SP8位、FS「138.35点」で7位、総合8位。怪我でもあるのかな?全体的にスピードがなく、ダイナミックなジャンプも見られず。1枠しかないロシアでは、このままではヤバいですね。

        総合7位はスウェーデンのアレクサンデル・マヨロフ選手でした。
        SPはパーソナルベストの7位、フリーはフリーは「133.75点」の8位。彼は昨年の後半以降、中々好調ですね。オリンピックの枠も獲得していますし。あとは4T。回りきっているので、あと1歩。本番で決まるといいですね。あと、最後のフードがGOODです手

        そして日本勢です。まずは小塚崇彦選手。総合6位。
        フリーは「153.20点」の5位。うーんファイト
        やっぱり4回転が…ということでしょうか。スピンや滑り自体は良いと思うんですよ。ジャンプが決まれば…かな。この結果で、ファイナルが厳しいですからね。全日本にかけるって事になるかな。

        高橋大輔選手は綜合4位。
        フリーは「159.12点」の4位。こちらもジャンプが…ですね。それ以外は素敵なんですよ。プログラム全体は、本当に隅から隅まで音をしっかり生かした振りが入り、柔らかくて暖かい雰囲気が泣けてくる感動のプログラム。彼の最後のシーズンですからね。1回1回、目に焼き付けねば感動
        ファイナルのためには、日本大会での優勝が必要になりそうです。

        そして、優勝は…町田達樹選手祝
        SP・FS共にパーソナルベストの完全優勝!!!素晴らしいー!FSは「174.20点」とこれまた良い得点です。
        4回転2回、3A2回は素晴らしいですよ。特に後半の3Aはきれいだったヤッタv
        彼は本当に上半身の動かし方がきれい。私は特に首の動かし方が好きです。「火の鳥」は有名な曲で、たくさんの選手が使っています。そんな中で、彼にしかできない「火の鳥」が、この先ももっと進化して見れるのかと思うと楽しみです。

        さてさて、最後に昨年の同大会との総合結果を比べてみました。
        順位 2012年大会の総合得点 2013年大会の総合得点
        1位 251.44 265.38
        2位 243.74 241.24
        3位 229.95 238.36
        4位 212.53 236.21
        5位 211.35 231.03
        6位 209.67 230.95
        7位 203.65 208.72
        8位 197.36 208.16
        9位 187.73
        10位 182.42

        お分かりかと思いますが、超ハイレベルな幕開けです。オリンピックーズンですねオリンピック

        PS:試合結果の詳細は「こちら」からご覧ください。
        | トロリン | 2013年 グランプリシリーズ | 16:04 | comments(0) | - | - |
        GPアメリカ大会 女子シングルSP
        0
          遅れながら、アメリカ大会の女子シングルをすべて見ました。地上波は全員の放送がなく、BSで見ましたアセアセ

          男子の時も言いましたが、全体的にレベル高いですね。初戦でここまでとは…驚き
          男子の時と同様に表にしてみました。昨年の同じ大会との比較です。
          順位 2012年大会のSP得点 2013年大会のSP得点
          1位 60.61 73.18
          2位 58.93 69.26
          3位 56.63 67.01
          4位 54.41 59.25
          5位 54.01 58.80
          6位 50.29 56.68
          7位 49.90 55.84
          8位 48.11 53.51
          9位 46.72 53.20
          10位 43.72 45.76

          オリンピックは2月、世界選手権は3月。この1か月の差を考えてか、どの選手も仕上がりは早めです。それに、国内選手権がありますからね。代表権を勝ちとることが、まずは重要ですから。

          首位に立ったのは、浅田真央選手です。
          得点は「73.18点」というハイスコア。これはSP歴代8位の点数です。
          全体的にすばらしい出来でしたね。以前滑っていた音楽という事もあり、体になじんでいるのかも。「ノクターン」は有名な音楽で良く耳にするなじみの音楽。私個人も中学時代にピアノの発表会で弾いたことのある思い出の曲なのですピアノ
          3Aは両足でしたが回転は認められていました。スピンとステップは全部レベル4。3−3無しでも…って感じですが、最終的には入れてくるのかな?初戦でこの出来具合ですから、次戦以降が本当に楽しみです楽しみ
          そして構成点が高い!!34点台がSPで出るのは…あったかな?ここ数年では無かった気がします。これは彼女にとって大きいですよね。ライバルたちは、この構成点稼いできますからね。

          2位につけたのは、アシュリー・ワグナー選手で「69.26点」とパーソナルベスト。
          3F−3Tがきれいに冒頭に入りました。彼女の3−3が完璧な姿で見れるのは久しぶりです。こちらも仕上がりを早めていますね〜。ただ、スピンがもったいなかった。3つともレベル3。この取りこぼしがなければ70点台でしたね。まあ、その分伸びしろがあるという事でもありますが…。

          3位はシニアデビューのエレーナ・ラジオノワ選手で「67.01点」とこちらもパーソナルベスト。
          彼女は年齢制限でオリンピックには出ることができず。8年前の浅田真央選手と同じですね苦笑
          その年齢制限も来シーズンから多少変更するみたいです。GPシリーズとISU選手権等の年齢制限を一括にするようです。その方が絶対にもめずに済みそうだし(笑)
          話はそれましたが、彼女はオリンピックとは無関係なので伸び伸び自分の世界で良い感じでした。長い手足がうらやましすぎる!これからの数年は体の変化との戦いかもしれませんね。

          そんな彼女とは対照的なのが、同じロシアのエリザヴェータ・トゥクタムィシェワ選手です。
          「53.20点」でまさかの9位スタート。なんか少しぽっちゃりしてしまったような気がしました汗
          2年前はエレーナ・ラジオノワ選手でと同じで伸び伸びしていましたよね。でも彼女はオリンピックに出れますから、同じようにはいかない。ロシアは女子は2枠。地元のオリンピック出場にむけては、すこーしダイエットが必要な気もします。

          4位に入ったの、これまたパーソナルベストのヴァレンティーナ・マルケイ選手で「59.25点」とナイスな演技。
          個人的に彼女の衣装が毎回大好きで毎回大好きで心タイツもラメ、靴にもラメでデコレーション。おしゃれだな〜さっすがイタリアだ!!今年のSPはしっとりめな大人なプログラム。こういうのもうまいじゃん!って再発見。彼女もおそらく最後のシーズンでしょうから、しっかり見ておきたい選手です。

          5位はヴィクトリア・ヘルゲソン選手で「58.80点」とまたまたパーソナルベスト。
          彼女のレイバックスピンが素敵。ほとんどの選手がビールマンでレベル4を取りますが、彼女は違います。ビールマン無しでレベル4。新採点方式が始まって、レイバック=ビールマンみたいな感じですけど、私は彼女のようなレイバック好きです。回転も速く、体のラインもとてもきれいで手むりくりビールマンする選手もいますが、こっちのほうが美しいと思います。

          いろいろ言いましたが、とにかくレベルが高い!!!3−3コンビネーションはもちろんのこと、スピンやステップがしっかり出来ていて、プログラム全体がまとまっている選手が多いです。体のキレもよく、シーズン序盤とは思えない!!!

          これこそが、オリンピックシーズンなんですねオリンピック
          | トロリン | 2013年 グランプリシリーズ | 11:27 | comments(0) | - | - |
          GPアメリカ大会 男子シングルSP
          0
            始まりました、GPシリーズ2013!!!ソチオリンピックまで、あと109日オリンピック

            まずは、男子シングルSPからです。

            テーマは、4回転!!!

            以前の同じ大会の場合との比較ですが…
              参加人数 SPで4回転にチャレンジした人数
            (成功・不成功は関係なく)
            4回転に挑む確率
            2011年大会 10人 2人 20%
            2012年大会 10人 8人 80%
            2013年大会 8人 7人 87.5%

            今大会4回転に挑まなかった1人は、シニア初参戦の18歳ですから、これからチャレンジしてくる課題でしょうね。つまり、先輩方で挑まなかった方は1人もいないというわけです。この2年くらいの間で、男子における4回転の重要性は格段と高まりました。

            4回転といえばもう一つ、アダム・リッポン選手が4Lzに挑みました。惜しくもアンダーローテーションでしたが、ちゃんと立っていました。あと一歩って感じ。次の試合、日本大会では成功するかも。もしかしたら、生で4Lz成功に立ち会える幸運な方もいるかもですね。

            首位に立ったのは町田樹選手でした。なんと91.18点!!!これは、歴代9位という凄い得点です。完璧でしたね4回転からのコンビネーション。そして「エデンの東」の優雅でダイナミックな感じがよく出ていました。彼にピッタリな選曲です。何度聞いてもこの曲大好きだ〜ヤッタv

            小塚崇彦選手は惜しかったですね。コンビネーションが決まれば、良い点数がいただけたでしょう。っていうか、スピード早過ぎ!!3Aなんて、壁にぶつかりそうでドキッとしました。でも、あの3Aの入り方がとっても素敵で、印象に残りました。とにかく全体的にものすごいスピードで…これでジャンプが決まれば高得点間違いなしですね。

            盒饗臺總手もコンビネーションが…でしたね。彼もジャンプが決まれば高得点いただけるんですがね苦笑

            全体的にいえること、それはレベルが高い!!!オリンピックシーズンだな〜
            この表は、昨年の同じ大会のSPの得点です。
            順位 2012年大会のSP得点 2013年大会のSP得点
            1位 95.07 91.18
            2位 85.32 83.78
            3位 77.71 80.26
            4位 75.78 77.75
            5位 73.32 77.09
            6位 69.26 75.91
            7位 68.27 74.97
            8位 60.48 69.81
            9位 58.79  
            10位 57.06  

            初戦でこれほどまでに差が出るとは…驚きです。60点台が1人しかいないというハイレベルな戦い。これはフリーも凄いことになりそうです。

            そして最後に、テレビ朝日の放送はなんであんなに無駄な時間が長いのかしら。昨年のプログラム放送するなら、ほかの選手の演技を映してよ怒り
            | トロリン | 2013年 グランプリシリーズ | 10:30 | comments(0) | - | - |
            GPアメリカ大会 デニス・テン欠場
            0
              いよいよGPシリーズ開幕です♪

              さ残念なことに、デニス・テンが欠場してしまいました。彼の演技、楽しみにしてたのに(T . T)

              こうなったら、日本勢の表彰台独占を見たいものです。
              | トロリン | 2013年 グランプリシリーズ | 10:12 | comments(0) | - | - |
              いよいよ始まります GPシリーズ2013
              0
                台風凄かった…みなさんは大丈夫ですか?

                今週末から、ついに「GPシリーズ2013 アメリカ大会」が開幕ですうれしい

                現在の優勝者予想の結果ですが…
                  男子シングル:盒 大輔
                  女子シングル:浅田 真央
                  ペア    :ボロソジャル & トランコフ
                  アイスダンス:デイヴィス & ホワイト
                この様な結果となっております。
                男子シングルが一番接戦となっておりますな。

                ご興味がある方は、「こちら」からアンケートに参加してみてください。

                さあ、いったいどうなるのしょうか?

                ところで、今日気が付いたのですがブライアン・ジュベール選手が欠場してしまいましたね。
                今シーズンが、彼をアマチュアの試合で見る最後のシーズンとなると思うので、1回でも多くみたいなと思っていました。
                残念泣き
                | トロリン | 2013年 グランプリシリーズ | 16:48 | comments(0) | - | - |
                アメリカ大会 優勝者予想!!
                0
                  急に夏に逆戻りな異常気象です。私は1週間に2回目の風邪をひきました苦笑

                  そんな中、新たな試みを行っています。来週から始まる「GPシリーズ2013 アメリカ大会」の、優勝者予想アンケートを実施中です。

                  詳しくは『こちら』をご覧ください。
                  | トロリン | 2013年 グランプリシリーズ | 11:39 | comments(0) | - | - |
                  2013年 グランプリシリーズ エントリー
                  0
                    2013年のグランプロシリーズのエントリーが発表されましたき
                    いよいよオリンピックシーズンです
                    いまからワクワクですヤッタv


                    詳しくはこちらにまとめて記載しています



                    それぞれの種目の注目ポイント


                    <男子シングル>

                    • アメリカ大会(第1戦)に、バンクーバーオリンピック金メダルのエバン・ライザチェックがエントリー

                    • ロシア大会(第6戦)に、バンクーバーオリンピック銀メダルのエフゲニー・プルシェンコがエントリー

                    • パトリック・チャン羽生 結弦が2戦とも同じ大会(第2・5戦)にエントリー

                    • 世界チャンピオンになったことがある選手が合計5人

                    • 中国大会(第3戦)が穴場かな




                    <女子シングル>



                    <ペア>

                    • 割と均等にばらけているが、しいて言えばフランス大会(第5戦)が混戦か

                    • 高橋&木原もエントリー、NHK杯にも出れれば2戦

                    • マービン・トランもニューパートナーとエントリー




                    <アイスダンス>

                    • 割と均等にばらけているが、しいて言えば日本大会(第4戦)が混戦か

                    • 中国大会(第3戦)が穴場かな

                    | トロリン | 2013年 グランプリシリーズ | 09:13 | comments(0) | - | - |
                        123
                    45678910
                    11121314151617
                    18192021222324
                    252627282930 
                    << June 2017 >>
                    トロリンの運営するサイト
                    トロリンのTwitter
                    オススメ本
                    オススメ本
                    最近の投稿
                    カテゴリー
                    アーカイブ
                    トロリンのプロフィール