フィギュアスケート研究所
    〜別館:トロリンのブログ〜


趣味のフィギュアスケート観戦から「フィギュアスケート研究所」というサイトを公開しました。
フィギュアスケートのいろいろを研究しています。
このブログは、サイト運営にのせるにはちょっと・・・という個人的な感想やお話しを投稿していきます。
トップ | << 2013年10月22日のつぶやき | main| GPアメリカ大会 男子シングルFS・最終結果 >>
GPアメリカ大会 女子シングルSP
0
    遅れながら、アメリカ大会の女子シングルをすべて見ました。地上波は全員の放送がなく、BSで見ましたアセアセ

    男子の時も言いましたが、全体的にレベル高いですね。初戦でここまでとは…驚き
    男子の時と同様に表にしてみました。昨年の同じ大会との比較です。
    順位 2012年大会のSP得点 2013年大会のSP得点
    1位 60.61 73.18
    2位 58.93 69.26
    3位 56.63 67.01
    4位 54.41 59.25
    5位 54.01 58.80
    6位 50.29 56.68
    7位 49.90 55.84
    8位 48.11 53.51
    9位 46.72 53.20
    10位 43.72 45.76

    オリンピックは2月、世界選手権は3月。この1か月の差を考えてか、どの選手も仕上がりは早めです。それに、国内選手権がありますからね。代表権を勝ちとることが、まずは重要ですから。

    首位に立ったのは、浅田真央選手です。
    得点は「73.18点」というハイスコア。これはSP歴代8位の点数です。
    全体的にすばらしい出来でしたね。以前滑っていた音楽という事もあり、体になじんでいるのかも。「ノクターン」は有名な音楽で良く耳にするなじみの音楽。私個人も中学時代にピアノの発表会で弾いたことのある思い出の曲なのですピアノ
    3Aは両足でしたが回転は認められていました。スピンとステップは全部レベル4。3−3無しでも…って感じですが、最終的には入れてくるのかな?初戦でこの出来具合ですから、次戦以降が本当に楽しみです楽しみ
    そして構成点が高い!!34点台がSPで出るのは…あったかな?ここ数年では無かった気がします。これは彼女にとって大きいですよね。ライバルたちは、この構成点稼いできますからね。

    2位につけたのは、アシュリー・ワグナー選手で「69.26点」とパーソナルベスト。
    3F−3Tがきれいに冒頭に入りました。彼女の3−3が完璧な姿で見れるのは久しぶりです。こちらも仕上がりを早めていますね〜。ただ、スピンがもったいなかった。3つともレベル3。この取りこぼしがなければ70点台でしたね。まあ、その分伸びしろがあるという事でもありますが…。

    3位はシニアデビューのエレーナ・ラジオノワ選手で「67.01点」とこちらもパーソナルベスト。
    彼女は年齢制限でオリンピックには出ることができず。8年前の浅田真央選手と同じですね苦笑
    その年齢制限も来シーズンから多少変更するみたいです。GPシリーズとISU選手権等の年齢制限を一括にするようです。その方が絶対にもめずに済みそうだし(笑)
    話はそれましたが、彼女はオリンピックとは無関係なので伸び伸び自分の世界で良い感じでした。長い手足がうらやましすぎる!これからの数年は体の変化との戦いかもしれませんね。

    そんな彼女とは対照的なのが、同じロシアのエリザヴェータ・トゥクタムィシェワ選手です。
    「53.20点」でまさかの9位スタート。なんか少しぽっちゃりしてしまったような気がしました汗
    2年前はエレーナ・ラジオノワ選手でと同じで伸び伸びしていましたよね。でも彼女はオリンピックに出れますから、同じようにはいかない。ロシアは女子は2枠。地元のオリンピック出場にむけては、すこーしダイエットが必要な気もします。

    4位に入ったの、これまたパーソナルベストのヴァレンティーナ・マルケイ選手で「59.25点」とナイスな演技。
    個人的に彼女の衣装が毎回大好きで毎回大好きで心タイツもラメ、靴にもラメでデコレーション。おしゃれだな〜さっすがイタリアだ!!今年のSPはしっとりめな大人なプログラム。こういうのもうまいじゃん!って再発見。彼女もおそらく最後のシーズンでしょうから、しっかり見ておきたい選手です。

    5位はヴィクトリア・ヘルゲソン選手で「58.80点」とまたまたパーソナルベスト。
    彼女のレイバックスピンが素敵。ほとんどの選手がビールマンでレベル4を取りますが、彼女は違います。ビールマン無しでレベル4。新採点方式が始まって、レイバック=ビールマンみたいな感じですけど、私は彼女のようなレイバック好きです。回転も速く、体のラインもとてもきれいで手むりくりビールマンする選手もいますが、こっちのほうが美しいと思います。

    いろいろ言いましたが、とにかくレベルが高い!!!3−3コンビネーションはもちろんのこと、スピンやステップがしっかり出来ていて、プログラム全体がまとまっている選手が多いです。体のキレもよく、シーズン序盤とは思えない!!!

    これこそが、オリンピックシーズンなんですねオリンピック
    | トロリン | 2013年 グランプリシリーズ | 11:27 | comments(0) | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    トロリンの運営するサイト
    トロリンのTwitter
    オススメ本
    オススメ本
    最近の投稿
    カテゴリー
    アーカイブ
    トロリンのプロフィール