フィギュアスケート研究所
    〜別館:トロリンのブログ〜


趣味のフィギュアスケート観戦から「フィギュアスケート研究所」というサイトを公開しました。
フィギュアスケートのいろいろを研究しています。
このブログは、サイト運営にのせるにはちょっと・・・という個人的な感想やお話しを投稿していきます。
トップ | << GPアメリカ大会 女子シングルSP | main| ところで 〜エヴァン・ライザチェック〜 >>
GPアメリカ大会 男子シングルFS・最終結果
0
    またまた台風が迫っています。みなさん大丈夫ですか? 私は本日1日、家でテレビ鑑賞ですテレビ

    男子FSをすべて見ました。SP同様に、4回転は重要ですね。

    4回転に3回チャレンジをしたマックス・アーロン選手は総合の3位。
    SP6位からの巻き返しです。FSだけなら「162.45点」の2位。
    冒頭の4Tは転倒。次の4Sはお手付き。でも、後半4S+2T,さらに3A2回。コンビネーションも全部後半に入れて、スピードも落ちない。彼の体力は底が知れない(笑)
    よく考えてみると、彼はGPデビューなんですよね。昨年、彗星のごとく登場。あれはまぐれではなかったわけです。
    これで構成点が伸びてくれば恐ろしい存在になりますねガーン

    そんな彼とオリンピックの枠争いをするであろうアダム・リッポン選手が総合2位。
    FSだけなら「160.98点」の3位。彼は全てでパーソナルベストを更新しました。スタートダッシュに成功ですかね(笑)
    フリーでは冒頭の4Lzは壁に激突の大転倒。でも、何事もなかったかのように演技再開。後半のリッポンルッツの連続からのステップは素敵でした。彼は姿勢が良いし、滑りがきれい。ジャンプが決まれば点数は伸びるタイプ。

    マックス・アーロン選手アダム・リッポン選手は、まったくタイプが違う。彼ら以外にも様々なアメリカ選手が2枠のオリンピックの枠を争うわけです。

    そんな先輩方に割って入りたいのが総合5位のジェイソン・ブラウン選手です。
    彼は今大会がシニアデビューの18歳。SPはパーソナルベストで2位。フリーは「147.25点」の6位。
    体が柔らかくて、スピンやスパイラルがとても上手。そんな彼は、構成点マックス・アーロン選手より上でした。凄い!それもスケート技術の項目が1番低いという、めずらしいパターン。ここに4回転が入れば強敵です。まだ18歳だからこれから跳べるようになる可能性は十分にあります。

    アメリカ勢3選手はそれぞれのカラーを存分に発揮した結果になりましたヤッタv

    心配なのは、ロシアのアルトゥール・ガチンスキー選手です。
    SP8位、FS「138.35点」で7位、総合8位。怪我でもあるのかな?全体的にスピードがなく、ダイナミックなジャンプも見られず。1枠しかないロシアでは、このままではヤバいですね。

    総合7位はスウェーデンのアレクサンデル・マヨロフ選手でした。
    SPはパーソナルベストの7位、フリーはフリーは「133.75点」の8位。彼は昨年の後半以降、中々好調ですね。オリンピックの枠も獲得していますし。あとは4T。回りきっているので、あと1歩。本番で決まるといいですね。あと、最後のフードがGOODです手

    そして日本勢です。まずは小塚崇彦選手。総合6位。
    フリーは「153.20点」の5位。うーんファイト
    やっぱり4回転が…ということでしょうか。スピンや滑り自体は良いと思うんですよ。ジャンプが決まれば…かな。この結果で、ファイナルが厳しいですからね。全日本にかけるって事になるかな。

    高橋大輔選手は綜合4位。
    フリーは「159.12点」の4位。こちらもジャンプが…ですね。それ以外は素敵なんですよ。プログラム全体は、本当に隅から隅まで音をしっかり生かした振りが入り、柔らかくて暖かい雰囲気が泣けてくる感動のプログラム。彼の最後のシーズンですからね。1回1回、目に焼き付けねば感動
    ファイナルのためには、日本大会での優勝が必要になりそうです。

    そして、優勝は…町田達樹選手祝
    SP・FS共にパーソナルベストの完全優勝!!!素晴らしいー!FSは「174.20点」とこれまた良い得点です。
    4回転2回、3A2回は素晴らしいですよ。特に後半の3Aはきれいだったヤッタv
    彼は本当に上半身の動かし方がきれい。私は特に首の動かし方が好きです。「火の鳥」は有名な曲で、たくさんの選手が使っています。そんな中で、彼にしかできない「火の鳥」が、この先ももっと進化して見れるのかと思うと楽しみです。

    さてさて、最後に昨年の同大会との総合結果を比べてみました。
    順位 2012年大会の総合得点 2013年大会の総合得点
    1位 251.44 265.38
    2位 243.74 241.24
    3位 229.95 238.36
    4位 212.53 236.21
    5位 211.35 231.03
    6位 209.67 230.95
    7位 203.65 208.72
    8位 197.36 208.16
    9位 187.73
    10位 182.42

    お分かりかと思いますが、超ハイレベルな幕開けです。オリンピックーズンですねオリンピック

    PS:試合結果の詳細は「こちら」からご覧ください。
    | トロリン | 2013年 グランプリシリーズ | 16:04 | comments(0) | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    トロリンの運営するサイト
    トロリンのTwitter
    オススメ本
    オススメ本
    最近の投稿
    カテゴリー
    アーカイブ
    トロリンのプロフィール